歯医者に通う【ピカピカキレイ歯CHANCE】

歯の改善をする

歯の治療の1つとして矯正治療がありますが、矯正器具を歯の表面に付ける今までの方法では、見た目が良くないことなどから敬遠する人もいました。 そのような人にオススメなのが、歯の裏側に矯正器具を取り付ける「舌側矯正」です。 舌側矯正は、従来の方法に比べると、虫歯になりやすいと言われています。これは、常に矯正装置が唾液で洗浄されているためとされています。 舌側矯正が向いているのは、いわゆる出っ歯に悩む人とされています。舌側矯正には、奥歯を前に動かしにくいと言う特徴がある一方で、前に出ている歯が後退しやすいという特徴もあるためです。 費用が高額になるなどのデメリットもありますので、しっかりと相談してから決めるようにしましょう。

欧米に比べると、歯に対する意識が低いと言われていた日本ですが、最近は幅広い世代で矯正治療を行う人が増えてきています。 幼いうちに矯正治療を行うことにより、短期間で治療を終えることが出来ます。しかし、矯正装置が目立つことで、からかわれるなどの理由から、治療を行うことに抵抗感があるという人も多くいます。 舌側矯正では、矯正治療が見えませんので、周囲の視線を気にする必要はありませんし、スポーツを行う際にも装置で唇が切れるという事はありませんので、安心感があります。 もちろん、仕事で人と接する機会の多い大人の矯正治療にも向いている方法であると言えます。 最近は、一人ひとりの生活スタイルに合わせて治療を選ぶことが出来る事が多いようです。